自分でやったムダ毛処理が原因

高校時代にあまりお金を持っていなかったため、夏になると脇などの脱毛を自分でカミソリや毛抜きを使ってやっていました。

 

当時は周りもみんな同じような感じだったので気にしていなかったのですが、私のやり方が悪かったのかちょっとヒリヒリとして赤くなってしまうようなことがありました。

 

その時はそれだけだったのですが、大学生になるといつの間にか脇の下が黒ずみ始めたのです。

 

元々私は運動部に所属していこともあり、結構腕も引き締まっていてノースリーブなども何の抵抗もなく切る方だったので、気づいた時には本当にびっくりしました。

 

友達と写真を撮るときに、手を上げて撮ったものがあったのですが、明らかに隣の友だちよりも色が黒ずんでいたのです。

 

それからというもの、ノースリーブなんて着たくないし、半袖でも吊革を掴むのもいやなほど気になってしまうようになりました。

刺激によって黒ずむ皮膚

自分で脇の処理をしていたときは全く原因がわからなかったのですが、実際に脇の下が黒ずみ始めてから調べてみると、毛抜きやかみそりによる刺激によってメラニン色素が発生して黒っぽくなってしまうようでした。

 

これは炎症性色素沈着と言われるもので、虫刺されなどの炎症した部分が黒っぽく色素沈着してしまうのも同じで、脇の処理でカミソリなどを使うと、刺激によって活性化する性質のあるメラニン色素が増えて、その部分の色が黒ずんでしまうのです。

 

また、人間の皮膚は刺激をすると皮膚を厚くして刺激を緩和しようという性質があるのです。

 

そのため、繰り返しカミソリなどで刺激をしていると、通常なら垢として剥がれ落ちるべき角質が残り続けてしまうため、皮膚の色がくすんで黒っぽく見えるのだそうです。

基本的な対策はシミのケアと同じ

脇が黒ずんでしまったらどんな対策をすればいいの?と思うかも知れませんが、根本的な原因はメラニン色素によるものなので、シミのケアと同じです。

 

一般的に美白成分と呼ばれるハイドロキノンやビタミンC誘導体が顔のシミには使われることが多いですね。

 

ただ、脇の下の場合は顔と違って皮膚が敏感だったり、ムダ毛の自己処理によって炎症を起こしている可能性もあるので、刺激のあるハイドロキノやビタミンC誘導体よりも、しっかりと保湿をして肌を健康な状態にして、ターンオーバーを正常にしてあげることが大切です。

 

先ほども言った様に、刺激によって角質が剥がれにくくなってしまっていることを解消する必要があるため、乾燥させないようにすることが大切です。

 

もしも、美白成分の入ったクリームなどを使用する場合は、できれば皮膚科などで相談してみた方がいいと思います。

 

ムダ毛の処理と同様に、自己判断でいい加減なことをしてしまって症状が悪化しては意味がありませんので、恥ずかしいかもしれませんが一度診てもらう方が安心だと思います。