臭いを気にしすぎて黒ずみが

脇の黒ずみに気が付いたのは、高校生の時です。

 

汗を掻くときがとっても多くて、体育などをするとすぐ沸き汗がたっぷり出るのでいやだな~と思っていて、なるべく手を上に全部上げて脇を見せるしぐさをしないようにしていました。

 

脇を締めるようにしていたんです。

 

そうすると脇の汗もあまり出てこないし、匂いも出にくいし(周りに広がりにくい)、汗染みも人に見られないと思っていたのです。

 

でも結構大量に汗かくのでいつも気にしていました。

 

汗はたっぷりかくときはあまり酷いにおいにならないのですが、神経質になっているときは、変なにおいの汗が出るのでとても心配していてそれがとってもコンプレックスでした。

 

腕を上げなかったことで脇が呼吸をしにくくなり、くすんでどんどん色が黒ずんて行ったような気がします。

 

ワキガではないか、と、悩んだこともありましたがどうやらワキガとは匂いが違っていて、汗特有の匂いでした。

白く塗る効果のあるパウダー

最初はよく汗をふき取って制汗スプレーをシューっとしていました。

 

その制汗スプレーもいろんなにおいのものを試しました。

 

フローラルのものは、汗のにおいと混じると濃いにおいに変化するので、向いていませんでした。

 

さっぱりとした柑橘系やシトラス系のにおいのほうがすっきりとしていると思います。

 

とにかくこまめに汗をふき取らないと匂いが残るので、学校では休み時間のたんびに汗シートを使うことが多かったです。

 

体育のあとは汗シートを使って上半身全部拭いていました。

 

黒ずみ対策としては、パウダーではたくことが出来る商品が販売されており、それをパフパフと脇下に叩いていました。

 

粉の効果で白くなるのです。

 

銀の成分入りのスプレーが売っていて、それを使うと本当に匂いが減るのですが、体に毎日大量の銀をスプレーするのは、体にとって悪影響だと言うことがわかったので、銀入りのスプレーを使うことは効果が高くてもやめていました。

ファンデーションタイプの制汗剤がいい

汗対策はやっぱりこまめに汗拭きシートを使って体の汗を拭く事です。

 

拭いた後は全身さっぱりしますし、シートによってはパウダーが入っていたりするので、とてもさっぱり感が増します。

 

そのあとにファンデーションをワキ用にひとつ用意し、ノースリーブの服を来た時などは、それでわきの下も化粧するように塗ってしていました。

 

夏用のファンデーションやリキットのファンデーションだと、黒ずみが少し薄く見えるので、効果が高かったですよ。

 

スプレーはした後が白くなってしまうので、広範囲にわたってしゅっとかけるのがいいと思いましたが、やっぱりファンデーションタイプのワキ用の制汗剤が使用しやすい。

 

全体的に薄く白っぽくなってくれるので、脇の黒ずみは目立ちにくくなったので、これが一番の対策法でした。